保健師の主な就職先について

保健師という職業は看護学生や看護系大学の学生に人気の高い職種です。その就職先は、市町村などの行政機関・保健所があります。保健指導や介護問題、疾病予防、労働相談やメンタルヘルスなど、あらゆる業務に携わることになります。幅広い業務の割に採用数は少なく、現場の人員も多くないので、色々な業務をこなし幅広い知識をもつ即戦力の人材が求められます。また、他の就職先としては、学校や企業がありますが、なかなか求人が出ることがありません。

このように、保健師の就職先は色々とあるにもかかわらず求人数が多くないのは保健師の定着率の高さがあります。やりがいのある仕事ということもありますが、行政機関に就職し公務員になった場合、社会的身分の保証があり、待遇や給料が良い、休日をしっかり休める、定時で仕事が終わるなど好条件であるため、長期間仕事を続ける人が多いからです。これまでの保健師の就職先は自治体・企業・学校でしたが、今後は介護センターで活躍されることが期待されています。介護施設での入所者の健康管理、看護、リハビリなどの療養プラン作成、入所者とその家族の健康相談・健康指導、医療機関との連など、保健師に求められる役割は大きいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ