助産師の資格について

助産師とは、厚生労働大臣の認定する国家資格です。ですから、国家試験を受験し合格しなければこの資格を取得することができません。助産師は妊娠中から妊婦の心身のケアを行い、出産後も継続してサポートを行います。母親のみならず、新生児のケアをも行う仕事です。出産の際には医師が同席しなくても、その場の状況に応じて自分の判断で臍の尾を切るといったことを行うことも可能で、昨今は病院ではなく助産師のもとで出産をする人も増えています。

しかしながら、女性のケアだけを行うものではありません。地域社会においても必要とされている職種で、健康に関するカウンセリングや相談業務等を行っています。助産師になるためには、まずは看護師の国家試験の受験資格を取得するもしくは看護師の免許を取得していることが必須となります。そのうえで、この資格を得ることができるのです。現在はこの資格は女性だけに認められているもので、男性が助産師になることはできません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ