看護師の転職コンサルタントを上手に活用する方法

働きながら転職先を探している看護師の方の場合ですと、交替で回ってくる夜勤などもこなしながらの転職活動となりますので、独力で新しい職場を探すのはとても難しいのが実情です。そのため、人材紹介会社に登録をして、病院探しの部分はコンサルタントにお任せしてしまっているケースがとても多いです。しかし、誰もが働きたいと希望するような良い病院は競争率が高いので、コンサルタントに任せきりにするのではなく、本人も能動的に活動する必要があります。

病院側としては、できるだけ長く働いてくれそうな良い看護師を採用したいと考えていますから、履歴書の自己PR欄などを念入りに見て、できるだけ意欲の高い看護師を選ぼうとします。しかし、仕事で疲れているからと、履歴書には最低限のことしか書かない人が多く、転職活動がなかなかスムーズに運ばないケースが多いです。

そのような場合、コンサルタントは、きちんと履歴書を書くように指導します。それが本人のためになると思うからこそ、細かな不備を指摘してくるのです。それを「うるさい」などとは思わずに、ありがたいアドバイスとして受け止めるようにしてこそ、早期の転職活動の成功が導き出されます。

また、病棟勤務の場合は夜勤手当についても確認してもらいましょう。お金に関することは聞きにくいですから、担当スタッフに働いてもらいましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ